企業の端末管理|チャットシステムの利便性をチェック【顧客への負担を大幅に軽減】

企業の端末管理

レディ

重要度を増す端末管理

企業内では多種多様なコンピュータが稼働しており、これらを大きく二つに分けるとサーバー類と端末類に分けることができます。企業内の情報システムを安定的に稼働させて運用するためには、サーバー類を管理する必要があることは広く知られています。しかし昨今は端末類の確実な管理も重要視されつつあり、なおかつ管理業務の複雑化も各企業にとっての課題になっています。端末管理が複雑化している理由は主に2点あります。まず一点目は端末の種類が増えているということです。これまでは企業内で利用する端末というとパソコンが一般的でしたが、最近はスマートフォンやタブレットも業務用端末として利用されているためです。次の理由は、社員の個人所有端末を業務に利用する機会が増えているという点です。このように多様化する端末を管理することを総称して、エンドポイント管理と呼ばれています。一般的にエンドポイント管理は少ない要員数で効率的に実施する必要があります。さらに管理の不備は情報漏えいをはじめとしたセキュリティ事故につながる可能性があるため、確実に管理を遂行しなければなりません。そのため、エンドポイント管理ツールを導入するケースが多いです。エンドポイント管理ツールは市場ニーズの高さから、複数のソフトウェア企業から製品がリリースされています。いずれの製品も多様な端末の各種ソフトウェアのバージョン情報や操作ログをリアルタイムに把握することが可能です。そのため、古いバージョンのソフトウェアを利用し続けることによるセキュリティリスクの顕在化を抑制したり、不正なデータ出力が疑われる操作の迅速な察知に寄与しています。