決済システムの改革

男の人と女の人

選び方とその基準

企業の業務の流れをワークフローと呼びますが、現在はこれを電子システム化する動きが主流となっています。システムの導入によって決済を早めたり書類のペーパーレス化を図るのなど業務効率化が主な目的であるケースが多く、実際に導入してコスト削減に成功した事例を多いです。その背景から法人向けのワークフローシステムの製品は検索すると簡単に見つかり、導入を検討しようにも何を比較基準に選ぶべきか迷うケースが多いのです。比較するべき対象は、紙文書から電子文書への移行が簡単か、導入運用の価格帯、使いやすい機能があるかでしょうか。特に電子文書への移行は重要な項目です。紙文書からの移行の手軽さや管理している書類を見たいときにすぐ見られる機能があるかも見逃せません。また保存した書類を普段使い慣れているフォーマットで再編集できる製品もあるので、抵抗が強い方はそちらもお勧めでしょう。ワークフローシステムは比較すると製品ごとに様々な機能がありますが、自社の承認決済ルートに影響がないかを確認しておくほうが良いでしょう。ルートに合ってない場合せっかくの機能が無駄になることもあります。また出張する機会が多い社員を抱えている場合スマホにも対応しているかは確認しておきましょう。また現在使用しているシステムと連動するかも気を付けなければなりません。この連携がうまくいかないとシステムを立ち上げるごとに手動操作が必要になってしまい、かえって煩わしい思いをします。ワークフローシステムなどを多重に設定すると、ミスの誘発に繋がるので比較の際はシステムを統合できる製品を選びましょう。